浴室のリフォームをする際のプラスα

「光熱費をもっと安くさせたい」とか「昔の古い浴槽からきれいなユニットバスにしたい」などと言った理由から浴室をリフォームしようと思う方が多いでしょう。

中には「給湯器が壊れてしまってお湯が出ない」といったトラブルから、どうせなら全部新しくしてしまおうと考える方もいるでしょう。

FC2まとめの専門サイトのココです。

特に住宅において水周り工事は高額になってしまうことが多いです。

浴槽やユニットバスだけでも沢山ありすぎて迷ってしまうかもしれませんがカタログなどの紙面では良くも悪くも実物とのギャップが大きくなってしまう場合があります。

様々なメーカが特色のあるものを扱っているので、それぞれのショールームへ足を運んで、見て触って選ぶことをお勧めします。
できれば金額をおさえて工事をと考える方も多いかと思いますが、浴室のリフォームをユニットバスで行うならばプラスαとして暖房を考慮していただきたいです。
その理由は冬場の入浴時に起こりやすいヒートショックです。

ヒートショックに関連する入浴中の急死は年間で推定1万人以上いると言われています。



特に高齢者となると自宅で亡くなる原因の4分の1をも占めているそうです。

浴室に暖房を設置することはこのヒートショックを予防することに有効です。

またユニットバスの工事においては完成してから後々暖房器具をつけるとなると、天井の補強が必要になるため天井を壊さないと設置できません。
余分な費用をかけないためにも浴室をリフォームするその時に暖房も付けてみてはいかがでしょうか。