フローリングの補修は高齢者家庭では必須

フローリングは、掃除しやすいので、畳と比べてダニの発生もすくなく現在の家ではほとんどにこのフローリングの部屋があり、それのみで畳の部屋がない家もあります。
確かにいいワックスをかけていると手入れも大変らくですこし床を拭く程度でいいのですが、健康上で問題が生じることがあります。
まずは、床から冷えです。



この冷えは、床暖房などの設置でフォローできますが、この床暖房の設置費用はかなり掛かります。

nanapiが有名になってきました。

また仮にカーペットを引いて防ぐこともできますが、せっかくのダニなどの害虫防止になっているのに意味がありません。

冷えはほっておくと体の免疫力を低下させて、高齢者にはこのましくありませんので、こうした場合にフローリングへの表面剤の補修を勧めます。



この表面剤は、断熱効果の強いものもあり、冷えを解消します。

つぎに床についたキズや損傷への補修ですが、高齢者のいる家庭では転倒のもとになり、危険です、これがもとで介護を要することになったケースもありますので、この程度のきずならと大丈夫と侮らずにきっちりと表面のコーティングなりして直しておくべきです。


フローリングの手入れは、楽ですが、違うところでリスクを負いますので普段から補修は心がけておいたほうがいいです。

ちょっとしたフローリングのメンテナンスをしておくことで、不要な介護や病菌を防止し、また断熱などをしておくと光熱費が低下するので経済的にもいいので、特に高齢者のいる家庭では大切なことです。